社会保険労務士(社労士)の開業

有資格者の70%が独立者の、今後の日本を支える国家資格! 「社会保険労務士 開業へのアプローチ」

社労士「開業」TOP

昨今の労働環境の変化や少子高齢化の年金問題などのニュース等を通じ、
社会保険労務士(社労士)の活躍を身近に感じるようになられた方は多いのではないでしょうか。
今後ますますニーズの増大が予測される社会保険労務士の仕事。
全国に約30,000名の登録者、実にその7割が開業者として歩む社労士の生き方に、
魅力を抱く人が増えています。

当サイトは、「社会保険労務士(社労士)の開業」を中心テーマに解説しています。

職業としての社労士の人気が高まる中で、
●社会保険労務士(社労士)として開業して本当に食べていけるのか?
●開業社労士になるには、どのような適性がいるのか?
●社労士の開業に相応しい年齢はあるのか?

等々の疑問をもたれる方が非常に増えています。
社労士での開業をめざす方は、難易度の高い試験を苦労して攻略した上で、その後は人生を賭けて独立に踏み切るわけですから当然です。
前進の足かせになるような、不明なマイナス要因は、すべてクリアにしておく必要があります。

当サイトでは、社労士の開業と合わせ、効率よく社労士試験を突破するためのノウハウも紹介しています。
どなたの試験準備にも取り入れていただけるよう、最も重要なエッセンスだけを、端的にお伝えしています。

当サイトを最後までお読みいただければ、近い将来の開業にまつわる不安要素を払拭していただけます。そして開業の必須条件である試験合格に、最短距離でリーチしていただけます。

ぜひ最後までお読みになってみてください。

☆合格率が自慢の社労士通信講座フォーサイト
http://www.foresight.jp/sharoushi/


社労士として開業するためには、まず試験に合格しなければなりません。
そこで、どのように社労士の学習をすれば良いのか、
独学での学習をより具体的に解説しております。
社労士試験独学の虎の巻